一見信憑性が薄く思われがちですが、意外とそうでもないのが「色の効果」。

視覚を大事にし、左右されやすい人間にはもっとも働きかけやすい効果だと考えられています。

実際色の効果は精神的に効果が出やすく、

暖色系のものは、血流をよくしたり、元気がでたり、気分を高める効果があります。

食器の色を暖色にすることによって食べ物を美味しそうにみせて食欲を増進させるといった効果が期待できます。

一方寒色系のものは、気分を落ち着かせて冷静な判断ができる、食器に寒色の色を持ってくることであえて食欲を抑え、ダイエットの効果が期待できたりします。

ですので以前、体位の記事でも紹介しましたが行為を盛り上げるためには

部屋に赤やピンクといった暖色を用いることで男の子が生まれやすくなり、

軽めに行為を済ますために青や水色を基調とした部屋にすれば女の子が生まれやすくなるということが期待できるといえます。

まずはお部屋のインテリアを変えてみましょう!